北陸旅日記(1日目)

北陸新幹線「maxとき」

久々に妻と夫婦水入らずの旅行。
最近は、仕事に没頭していて、ちょっと疲れがあったんで丁度良い息抜きに。

なんと北陸まで行っちゃいました(笑)

「バイクで行ってきたんですか?」

とスタッフに聞かれたんですけど、いやいやそれこそ疲れが溜まるんでそんなことしません。

 

今回は、北陸新幹線「MAXとき」に乗って北陸方面に向かいました。
それにしても、色々と新幹線乗ってきたんですがこの「とき」はほとんど横揺れとかなく凄く静かで快適でしたね。

ちょっと軽く奥さんと話してたら、あっと今に間に下車駅の「新高岡」に付いちゃいました。

レンタカーはスバルのレヴォーグ

レンタカーはスバルのレヴォーグ

着いて早々に、まずはレンタカー屋に直行。そうです、今回の北陸旅行はドライブを楽しもうという内容なんです。

「せっかくだから、いい車に」

なんてリクエストもあって、なんと今回はスバルの「レヴォーグ」を借りちゃいました!
どうですかこの車体のフォルムは!

スポーツマインドを昂らせる、ドライビングへの期待感を際限なく高めてくれますよね。

車内も、グッドです!

レンタカーはスバルのレヴォーグ

すみません車の話が長くなっちゃいました‥。

小休憩で徳光PAで生牡蠣

徳光PAで生牡蠣

早速レヴォーグに乗り込んでまずは「新高岡IC」から高速に。

今時期だと天気が良かったんですけど、ちょっと冬場に差し掛かると風も強いし、曇っているで全然景色が違いますよね。

日本海をバックに車を走らせていると、ちょっぴりお腹が減ってしまい。先に「徳光PA」というサービスエリアがあってまずはここで小休憩。

そこで食べたのがなんと日本海産の牡蠣。

写真で分かるかな~、凄くおっきめの生牡蠣を食べたんですけど、やっぱり海のミルクって言われてるだけあって、クリーミーな感じ。

生牡蠣

お昼前に結構食べちゃいました(笑)

1日目のランチは「谷口屋」の名物厚揚げ

谷口屋

牡蠣でちょっとお腹を膨らました後は、高速を降りて下道に。

実はこの初日の昼食楽しみにしてたんです。

事前に調べてたんですけど「谷口屋」っていうお店があって、ここの厚揚げが大きくてうまいんだとか。

そして無事到着。

早速店内に入って、厚揚げをオーダーし、子供のような気持ちで待ってると、ついに運ばれてきました!

谷口屋の厚揚げ

そしてテーブルに配膳された実物を見ると思ってた通りデカさ!

表面の皮はカリッと揚がっていて香ばしく、サクサク、カリカリとしたその食感はまるでクロワッサンのよう。
じんわりとしみ出す菜種油と大豆の何とも言えない旨味が口いっぱいに広がります。

大きい厚揚げ

なんでも大正時代から3代にわたってお店を守ってきたんだそうで。

確かに、長い歴史を感じる味でした!

昼食後は永平寺へ

永平寺

谷口屋でたらふく厚揚げを食べた後は、これもまた行ってみたかった永平寺へ。

言わずと知れた「曹洞宗」の総本山。

ガイドブックでも読んだんですけど、今もつねに2百余名の修行僧が、日夜修行に励んでるんだそうですね。

境内は約10万坪の広さがあるみたいで、到着後は広すぎて迷っちゃいました(笑)。境内は樹齢700年といわれてる老杉に囲まれた静寂なたたずまいです。物凄く威厳を感じるお寺さんでしたね。

永平寺の寺の中

いわゆる「出家道場」としても永平寺って名高いらしいです。

最後は東尋坊にドライブ

東尋坊

その後は東尋坊にドライブ。

さすがの断崖絶壁だったんですが、日本海の荒波は迫力がありましたね。

そしてこの時間ちょうどサンセットのタイミングだったんですが、ホントにきれいでした。自分の悩みが小さくなるのって、こんなふうに大自然と対峙したときなんですよね。

東尋坊の夕暮れ

残念ながら「グリーンフラッシュ」といって、地平線に太陽が沈むときに一瞬見ることができる光は見えませんでした。

これを見ると永遠の幸せをつかむことができるんだとか。

大丈夫です、奥さんとはすでに幸せです!

初日は国民休暇村に一泊

そんなこんなで日も沈みかけているところで、今回の宿泊施設の越前三国の「国民休暇村」へ。

到着して早々に、風呂に入ったんですけど、いや~、日本海の海原を眺めながらの風呂はなんともいえんですね~。日が沈みかけたあのオレンジというか赤というか、海が燃えている錯覚に陥りました。

そして、入浴後は日本海の鮮魚をふんだんに使ってるであろう、地魚料理を頂きました。
やっぱり日本海の魚の身のコシが良いですね。

予定よりお酒が進んで、軽く酔ってしまいました(笑)

 

そんな訳で1日目の旅行の話だったんだけど、2日目はまた今度書きます。

それでは!

壁沿いに不思議な模様が・・・まさかのクレーム!

lgi01a201408172000

クレームの原因は色々ありますが、今回はほっこりするエピソードをご紹介します。

いつも施工には

  • 髪の毛が落ちないように
  • ローラーバケや刷毛の毛が抜けないように

等、いろいろ注意して塗り床の施工をしていますが

 

・・・こんなこともあるんですよ。

修善寺のある工場で、塗り床の補修工事をさせていただいたとき仕上げでクレームが来たんです!

「工場のドアから壁沿いに模様のような痕がある・・・」

というので、確認に行きました。

現場について状況を見せていただくと、確かに上塗りが固まる前に何かが歩いたような痕が点々とついているんです!

虫の足跡のようにも見えるのですが虫にしては大きな足跡ドアの外にも、点々と外まで続いています。

工場の方にも聞いてみましたが判りませんし、職人に聞いても判りませんでした

「・・・ただ、帰るとき、カニを見かけた」

と言っていたので工場の方に確認してみたところ

「たまにカニが入ってくることがある」

とのことでした!カニの足跡かもしれないと思ってみると、確かにそのように見えますどうやら、カニが迷い込んで出て行った跡だったようです(^o^)

カニの足跡 ↓↓↓ イメージ写真です。
crab-sand-footprints-texture

原因がわかったところで、補修させて頂きました。
今度はカニが入ってこられないようにしっかり隙間をふさいで施工しました)

帰りの駐車場で、照明に寄ってきた立派なカブトムシを職人さんが捕まえました(夜間工事でした)

自然がいっぱいの修善寺ならではの心温まるハプニングでした。

早朝ツーリングで奥多摩湖に行って来ました。

【愛車のFZ1FAZERでツーリングして来ました。】

三度のメシよりバイクが好きです。
今日も朝4時起きで早朝ツーリングに出かけました。

5月の空気は湿気が少ないので走っていても快適です。

バイクは早朝走るに限ると思います。車と一緒だとストレス溜まる。

バイク、FZ1FAZER、奥多摩湖

時間が早すぎて、お店もやっていない。

FZ1FAZER

写真のヘルメットのスクリーンには、買ったばかりの防曇シートが貼ってあります。

これはすぐれもの!!

偏光機能も付いていて、太陽が眩しいときに色が濃くなってGOOD!!

暗くなると透明になります。装着感もなく気に入っています。おすすめ!!

貼り方ちょっとコツが要ります。

有馬ダム(名栗湖)にプチツーリングに行きました。

早朝に出発し、7:30に有馬ダム(名栗湖)に到着しました。

今日は最高気温が30℃くらいになりましたが、山の上の空気は涼しく澄んでいました。

普段塗床(床の塗装工事)の仕事をしていますので、工場などあまり環境の良くないところに行く機会が多いので、たまには空気の良い山でくつろぐことも必要ですね。

有馬ダム、バイク、ツーリング

有馬ダム、バイク、ツーリング

余り気持ちがいいので、自撮りしてみました。

バイクツーリング、自撮り

バイクツーリング、自撮り

写真見て変だなと思ったらなんとワイシャツの襟が全部出ていました。かっこ悪ー。

SRTTバイクのライディングスクールに行ってきました。

バイクライディングスクール

日曜日、SRTTさん主催のライディングスクールに行ってきました。

天気は曇りでスポーツライディングには、丁度いい気温でした。

愛車はヤマハ FZ1FAZERです。

重いので扱いが難しいですが、自由自在に扱えるようになるのが目標です。

バイクのライディングスクール

バイクのライディングスクール

息子と一緒に砂金とり体験

私も砂金取り体験に挑戦

日曜日、天気も良かったので一番下の息子と一緒に甲斐黄金村・湯ノ奥金山博物館にて砂金取り体験に挑戦してみました。
今回は私もチャレンジしてみました。30分間でどれだけ取れるか….

初心者平均…5粒前後

中級者平均…10粒前後

上級者平均…15~20粒前後

それ以上…すごーい!!

砂金取り体験中の息子

私は12粒ほど取れました(^^) 中級ってところですね。
息子は24粒+プラチナ1粒!(期間限定で入っていた)上級者~プロ級ですね!

家に帰ってきて、息子は早速ベランダで砂金を溶かして一塊にしていました。
金を溶かしてみた

アマゾンで買った坩堝(るつぼ)に砂金の粒を入れ、ガスバーナーで焙っていると、
砂金が赤くなってきて、近くの砂金の粒とくっついて大きくなっていきます。
砂金取りで楽しんだ後は理科の実験でした。

毎年恒例の春のお墓参り

上田市のお墓

こんにちは。
塗床専門の光コーティング永井です。

先日、長野県の上田市でお墓参りに行ってきました。3月のお彼岸は高速が渋滞するんで、毎年春休みの空いてる時に行う恒例行事なんです。


高速を飛ばして松井田妙義へ

碓氷峠のドライブ

松井田妙義で高速を降りて、碓氷峠のドライブを楽しみながらゆっくり向かいました。

気温の高低差があったのかな~、峠付近は凄い霧が濃くてびっくり。よく晴れた日の朝なんか、川などの水がある所で気温が低くなると霧が発生するんですが、その影響?


昼食は妙見寺の近くにある蕎麦屋さん

蕎麦

そして無事、お寺に到着!お寺の駐車場で待ち合わせた親戚と一緒に蕎麦屋さんへ。
そこで食べた蕎麦!

息子たちが食べた十割蕎麦の大盛りなんですが、麺つゆの色が薄かったです。
もしかして関西風かもしれない。


妙見寺へお参りしてからお墓へ

上田市のお墓

腹ごしらえも終わったところで、妙見寺へご挨拶。この寺は上田市野有形文化財に指定されていて、鳴き龍が有名です。
「本堂外陣の間」で思い切り手を打つと見事な竜鳴(りゅうめい)がするんです。
その後妙見寺から車で10分ほどのところにあるお墓へお参りに行きました。

場所的には美ヶ原の近くで、田舎によくある田んぼの中にポツンと佇むお墓なんです。

なんだか懐かしい田舎の感じがにじみ出てます(笑)写真にも軽く映ってるんですが墓石なんかも、大分年期が入ってるでしょ。

早速、お供え物と墓石を水で清めてから、持参した線香に火をつけてしっかりとご先祖様に近況のご報告をさせて頂きました。

「今年も家族が健康で、光コーティングも益々繁栄しますように」

そんなお願いをしつつ、本日の宿泊場所の小諸へ向かいました。

この日のディナーはちょっと足を伸ばして、地元で美味しいと口コミを見て入った焼肉屋さん。蓼科で育った牛の肉をたらふく食べて今日の長旅の
労を癒しました。ビールも旨い~

蓼科牛


翌日は観光も兼ねて懐古園へ

妙見寺

そして翌日は小諸の名所「懐古園」へ。
「懐古園」は、小諸城址に残る「三の門」や苔むした野面石積の石垣、樹齢500年といわれるケヤキの大樹の中、四季折々の風情が楽しめる公園です。残念ながら桜の花は殆ど咲いていませんでした。
城壁の上に散策路があり、千曲川の雄大な流れを眺め、マイナスイオンいっぱいの空気を満喫してきました。

明治の廃藩置県により役割を終えた小諸城は、本丸跡に「懐古神社」を祀り「懐古園」と名付けられました。
現在の「三の門」に掲げられた扁額は徳川宗家16代当主・徳川家達の筆によるものです。
鳥居なんかも歴史が感じられる佇まいで雰囲気ありましたね。

懐古神社の鳥居

懐古園

「懐古園」散策の後は、地元の人でいっぱいのうなぎ屋さん「藤舟」でお昼ご飯を食べました。

これがその写真。

うな重

どうですか、うなぎが重箱いっぱいに広がってます。タレも甘くも辛くなくちょうどいい感じ!一つあるとすれば御飯がもうちょっと固めでも良かったかも。まあまあ、それもひっくるめて美味しいうな重でした。


このお墓参りが終わると、こども達も「あ~、もう学校始まるんだ」みたいな感じなるんで、良い意味で気持ちの切り替えもできるんじゃないかな!

さっ、英気も養ったんで仕事も頑張らなくちゃ!!

秩父市の荒川上流で砂金採り

秩父市荒川上流

こんにちは。
塗床専門の光コーティング永井です。

先日、息子の希望もあり秩父市の荒川上流で砂金採りに行ってきました。

砂金採り

なぜ砂金採りにいったかというと、さかのぼる事3年前…。

静岡県西伊豆の土井金山で砂金採り体験をした息子が砂金採りにハマり「いつかリアルな場所で砂金採りをしたい!」と言われ続け今回に至りました。


息子の熱の入れようは凄くて「amazon」で砂金採り専用のざるを購入するという状態。

砂金専用ざる


荒川上流で砂金を採取

今回の荒川または長瀞といえば関東で一番有名な砂金産地らしんです。関東の砂金は

「荒川で始まり荒川で終わる」

と言っても過言ではない奥深さがあるそうで。

採取場所なんですが秩父の荒川上流です。何度かポイントを変えていったら微細砂金が濃集している場所があり、なんと砂金をゲット!

採取した砂金

ここの砂金は板状やひも状などの「結晶質砂金」みたいで、微量だったんですが息子も満足してました!
自然の川でも砂金ってあるもんなんですね。

朝霞の「りっくんランド」で戦車搭乗体験ツアー

りっくんらんど

こんにちは。永井です。

そうそう、こないだの話なんですけど前から行きたいな~と思っていた戦車搭乗体験ツアーに行ってきました。

実はこの搭乗体験ツアーって、抽選で50名までなんですがこの度、晴れて当選したんです。いやー、子供の様に喜んじゃいましたよ(笑)

しかも参加費用が「900円」

ありえないくらいの金額ですから。マニアックな人だったら、大枚はたいてでも参加したいイベントですよ。

【りっくんランドの施設内】

場所は朝霞駐屯所で、地理的には東京都と埼玉県の県境にあるような感じです。

正式名称は「陸上自衛隊広報センター」という施設で、陸上自衛隊の歴史や、様々なコーナーで体験して自衛隊の事を理解しようといようなコンセプト。

1階には、室内と室外に展示ゾーンが。本物の戦車は、すごい迫力でカッコイイ!
1階展示ゾーン

2階では、貴重な資料をみながら、歴史も知る事が出来るんです。2階貴重な資料

迷彩服の無料レンタル(1時間)もありますよ。室内を見物する時に、借りると雰囲気でますよ。(室外に出る時は要返却)。

【いよいよ戦車搭乗】

戦車搭乗

そして資料館の見学もそこそこに戦車搭乗の時間に。

何年ぶりでしょうかこのドキドキ・ワクワク感は。大分ご無沙汰な感情が湧きあがるのを抑えつついざ戦車へ!

登場する前はヘルメットとジャケットをしっかりと着装。息子も楽しみにしてたわりに、写真を取ったら顔がひきつってたのでここでは掲載は控えます(笑)

そしてエンジンが始動!

隊員さんからも「走行中はかなり揺れるので、撮影はご遠慮ください」との事で、少しずつ緊張感が出てきました。

そして発車!

うぉぉぉぉ、揺れる!しかし、それ以上に感じたのが大迫力感!これはどんな凄いスポーツカーよりも、インパクトがあるはず。

ただ、左折・右折するときにかくかく曲がるんで揺れが凄かったです。人が一生分感じる揺れを今日一日で体感したような感覚だとイメージ伝わります?

本来は時速70kmくらいのスピードが出るんですがここはリアルな戦場ではないんで、20~25kmのスピードで駐屯地を走ってくれました。

【乗った後は見学タイム】

戦車見学タイム

最新鋭の「10式戦車」や「74式戦車」といって戦車砲や重機関銃など3つの武装が施された戦車も展示してます。

あと「87式 自走高射機関砲」上部に搭載されている、35mm(エリコンKDA)高射機関砲で空の敵を撃ち落とすします。ガンタンクとも呼ばれているようです!銃口

そんなすごい戦車を見ながらこども達ともし戦場で乗るとしたらどれが良いみたいな、想像話をおもしろおかしくしてました。

【戦車搭乗後の昼食】

ランチカレー

そうこうしているうちにランチタイムの時間がやってきました。そう、昼食までこのツアーは付いてるんです。そしてランチは誰もが納得の、

カレーライス

本日はチキンカレー、サラダ、フルーツポンチ、そして牛乳カレーの上の白い物体はチーズです。やっぱり隊員さんは体が資本ですから、結構カロリーが高めです。

鶏肉、じっくり煮込まれてカレーもしみ込んで柔らかくてとっても美味好でしたが、自衛隊仕様なのか元々お肉がたっぷり入ってました!

【戦車搭乗ツアーまとめ】

というわけで、あっという間の「戦車体験搭乗」だったんですが、戦車搭乗の想いでは絶対に忘れないものになりそうです!!

特に子供なんかは一生モノの記憶になるんじゃないかな~。いや大人でも絶対にそうなると確信してます!

深谷市の「いちご畑花園」でいちご狩り

いちご狩り

こんにちは。
塗床専門の光コーティング永井です。

「いちごが食べたい!」

そんな家族の要望に応える形で、先日イチゴ狩りに行ってきたんです。

いつぶりだろうか…、かなり記憶を辿らないと思い出せない(笑)なかなか社会人になるとイチゴ狩りでイチゴを食べるって事ってないですよね。

という事で、関越自動車道を車でかっ飛ばして、花園ICからほどなくにある「いちご園花園」へ。
花園っていうとラグビーを思い出しちゃうんですけどあれは東大阪なんでお間違いなく(笑)

冗談はさておき、

はやる気持ちを抑えて園内へ。既に食べてるイメージだけで唾液が多めに出ちゃってます。こども達もそわそわしてました(笑)

いちご園花園

園内に入ると通路が広くて凄く歩きやすかったです。なんでもバリアフリー完備で車椅子やベビーカーでの移動も楽々なんだそうです。

それもあってかお子様連れのファミリーや高齢者の方も多かったのが印象的です。

このいちご園では、2つの食べ放題コースがあって

  • レギュラーコース…30分食べ放題
  • スペシャルコース…60分食べ放題

ってあるんですが、今回は30分食べ放題のコースを選択。多分60分は物理的に無理かなと思い…。

金額は1,700円だったんですけど、その季節によって料金が変動するシステムなんだそうで、1月は美味しい時期なんで一番高かったです。

そして、早速スタッフさんに案内されてイチゴ狩りがスタートです。

いちご狩り

今回のイチゴの品種なんですけど

「あきひめ」と「紅ほっぺ」

どちらも特徴的な味があるだそうで。

自分はどっちかっていうと「紅ほっぺ」が美味しかったですね。甘みがちょっと強めで、それでいて酸味もあって普段スーパーで買って食べるそれとは全く違いました。

紅ほっぺ

あと、いちごの美味しい食べ方っていうのがあっていちごのヘタを取ってヘタの付いていた方から食べると口いっぱいにいちごの香りと甘みが広がる感覚に。最後までおいしく食べれました!

そして今回一番びっくりしたのは、このいちご園は「高設栽培」だったこと。

かがまずに楽々いちご狩りができるのが良かったですね。これもバリアフリーの一貫なんでしょう。

高設栽培

そんなわけで、楽しい時間はあっという間。「赤いガソリン」を補給できたんで、本業の仕事も頑張れそうです!